読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイムcheckkun

時事ネタや映画やモーニング娘を中心にしたハロプロのことを中心に記します。

モーニング娘のファンになってよかったと涙する時

モーニング娘はいつも、戦っている。

という記事を書こうと思う。

その前に私がモーニング娘のファンになったきっかけを書いておく。

 

私がモーニング娘のファンになったのは、ファンの間でプラチナ期と呼ばれている時代の終盤だったと思う。

 

きっかけは道重さゆみだった。

 

テレビで自分可愛いをアピールし、自分以外の女性には毒を吐く。

そんな彼女にイラっとさせられたのがきっかけで、「そういえば最近のモーニング娘ってなにしてんだろ」と思ったのだ。

 

そう、私は完全に道重さゆみの術中にはまっていた。

 

YouTubeで検索して見た動画を観て、すぐに私はモーニング娘の虜になった。

 

もっと見たい、知りたい!

 

気付くと朝までモーニング娘の動画を検索し見続けていた。  

 

私はアサヤンを観ていたので、デビュー前からモーニング娘を知っている。

デビュー後、様々なメンバーが加入し、国民的アイドルとなっていく過程も知っている。

でもこの時は申し訳ないだがまったくはまらず、洋楽ばかり聞いていた。

 

タワレコの嶺脇社長がモーニング娘にはまったきっかけとして「疲れていた時にたまたま見た」というようなことを言っていたと思う。

タレントのユースケサンタマリアさんも、夜中にぼーっとテレビを見ていてカッコイイと思ったと言っていた。

私もまさにそれで、当時私は疲れていて、そして夜中に見てはまった。

 

私が情報収集を始めたとき、ちょうどモーニング娘は大きな変化を迎えた。

亀井えりとジュンジュンとリンリンの卒業、そして9期加入、パフォーマンス面を大きく飛躍させたリーダー高橋愛の卒業発表である。

 

当時、私は高橋愛道重さゆみ推しだった。

歌もダンスも上手い高橋愛

トークが上手く、不思議で可愛い声と顔なのに色気のある道重さゆみ

この二人のパフォーマンスを観るには今しかない!

私はコンサート会場へ足を運んだ。

 

当時の率直な感想を言おう。

9期とそれ以前のメンバーとのスキルの差が顕著で、高橋愛卒業後のモーニング娘が不安になった。

加入当初から別格扱いの鞘師も、田中れいなと歌うシルバーの腕時計はなんか浮いてる印象だったし、踊っているときも手を振っている時もまったく余裕がない。譜久村をはじめ9期はセットリストをこなすのが精一杯で笑顔がぎこちない。

 

それでもまだ他のメンバーがいるが、彼女達の卒業も近いだろう。

さらに10期が加入したことで、パフォーマンス面がどうなっていくかわからない。

 

もしかしたらこの先はファンじゃなくなるかもしれないな、と不安がよぎった。

 

10期加入後の一曲目、ウルトラピョコピョコが発表されたとき、私は頭を抱えた。

これはいよいよ…。

それでも私は毎週ドラマを見続け、いつの間にかイェイイェイイェイイェイピョコピョコじゃん♪と口ずさんでいた。

 

恋愛ハンターでは少し胸をなでおろしたと同時に、少し地味になったな、などと感じていた。

 

そしてonetwothree。

 

今でこそ好きな曲だが発表当時は私はこの曲の圧倒的な攻めの姿勢についていけなかった。

曲自体は元々私自身が好きなピコピコとした音楽だが、恋愛ハンターが地味めだったのに対してすごく攻めている印象だった。

そして衣装と化粧が好みでないうえに、ダンスも攻めすぎていて踊れているメンバーが限られていた。

 

それでも私はいつの間にか当たり前のように、モーニング娘を追い続けていた。

毎シングル驚き、成長する彼女たちから目が離せなかったのだ。

 

彼女たちはコンサートを重ねるたびに成長していく。

ハロプロファンはスルメ曲とよくいうが、まさにその通りで、最初微妙だなーと思った曲もなんども聞いてるうちに良曲と思うようになる。

onetwothreeもまさにどんどん完成度が上がっていき、ぎこちなかったパフォーマンスは今では余裕で魅せるようになり、テンションがあがる一曲となった。

 

コンサートを重ねるうちに彼女達はどんどんレベルアップして、曲の完成度をあげていく。

歌は上手くなり、踊りは洗練され、パフォーマンスに余裕がでで来る。

 

ぎこちなかった笑顔が自然になり、トークも自然になっていった。

 

 その後、プラチナ期のメンバーが続々と卒業していった。

そして私をモーニング娘の世界に誘ってくれた道重さゆみも卒業。

センターを努めるうちにいつの間にか虜になっていた鞘師、話題を振りまいてくれた鈴木も卒業。

 

しかし新曲が出るたび、9期加入以降の曲や、プラチナ期、黄金期の曲を今のメンバーがパフォーマンスするたびに私は思う。

 

ファンになってよかった。

ファンをやめないでよかった。

ずっと追いかけてきてよかった。

 

その気持ちはどの年のモーニング娘も変わらない。

 

彼女たちの成長を感じるたびに私は涙が流れるのです。