読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイムcheckkun

時事ネタや映画やモーニング娘を中心にしたハロプロのことを中心に記します。

「逃げるは恥だが役に立つ」の主題とは

昨年末大ヒットしたドラマ、新垣結衣さんと星野源さん主演の「逃げるは恥だが役に立つ」の原作マンガ最終巻を読み終えました。

 

 

元々ドラマ始まる以前から逃恥ファン。

ですがドラマ化が決定した時は戸惑いしかありませんでした。

 

この地味な恋愛模様と多様性の難しいテーマをドラマでどうやって表現するの?視聴者に伝わるの?と。

 

結果的にドラマは大ヒット。

ドラマでは原作のパロディのコミカルな部分を忠実に再現し、かつ盛り込み、恋愛葛藤の部分多めに、でも細かく描かれていました。

 

私はこのドラマを第一話からほぼリアルタイムで全話視聴しました。

日本のドラマをまともに、しかもリアルタイムで全話見るのは10年以上ぶりでした。

最初の不安が嘘のように、面白かったです。

 

世間一般的に、このドラマが流行った理由として、ガッキーが可愛かった。恋ダンスが可愛い。そして平匡さんとみくりの不器用な恋愛模様にキュンキュンする、といったものでした。

 

でもこの物語が視聴者に伝えたかったテーマの本質は違うと思っています。

 

昨今、少女マンガを原作とした恋愛ドラマたくさんやってます。

でも逃げ恥ほどは流行ってません。

理由は今の時代にあってなくて「古くさい」からだと私は思ってます。

 

女性が多く社会進出し、仕事での地位を確保しているこの時代、恋愛メインのドロドロとしたドラマ見せられても、正直あまり共感できません。

 

 契約結婚してみくりは「仕事」として主婦になる、という箇所だけ切り抜くとなんだか面白そうだけど、結局恋愛ものか。みたいなイメージになると思います。

 

でも違います。 

恋愛は結果的に「職場恋愛」ななっただけです。

 

平匡さんは、雇用主としてみくりに給与を支払い、雇用主として従業員を評価し、雇用主として家計をまわしていきます。

みくりは仕事として給与分の家事をこなすのです。

 

みくりはもとも主婦志望だったわけではありません。結婚願望が高いわけでもありません。

「誰かに必要とされ、仕事をしたかった」

それが、結果平匡さんが雇用主の家庭だっただけです。

 でもみくりはそれで満足しません。

転職もステップアップも常に考えています。

 

そして平匡さん。

一般的な男性は結婚相手を雇用するという考え、しませんよね。

彼は発想力豊か、頭が柔軟で、臨機応変に対応することが出来て、実行力もある。

まさに仕事が出来る男です。

そういった男性は往々にして偉そうだったり、女性経験豊富に描かれそうですが、彼は真逆。

女性経験なし、そしてみくりに対して対等に向き合います。

平匡さんのような理解ある男性が、社会に増えて欲しいです。

 

そしてそして、私が一番のファンになった百合ちゃん!キャリアウーマンです。

彼女の最終回のセリフは何度も何度も思い返します。

若さを武器に、恋のライバルとして百合ちゃんに宣戦布告してきた彼女に言い放ちます。

 

「今あなたが価値がないと切り捨てたものは、これからあなたが向かっていく未来なのよ。自分が馬鹿にしていたものに自分がなる。それって辛いんじゃないかな。自分に呪いをかけないで」

 

脳内にズキューンと、来ました。

そういった方は多くて、Twitterでは百合ちゃんの話題が多かったですね。

若い人ははっと気づかされ、真ん中世代は前を向き、百合ちゃん世代は共感をし、といったところでしょうか。

 

同様のセリフが少しニュアンスを変えて、コミック最終巻に記されてます。

改めてかっこよく、可愛い女性だと思いました。

 

そんな百合ちゃんですがかなり年下の風見さんと交際に発展します。

結婚とか子供とかそういうのではなく、好きだから単純に、一緒にいたいし、ずっと続くかは分からないけれどそれでも今この時を大事に、自分に正直に向き合いたいと思うのです。

個人的にここはぐっときて、共感しました。

 

三人プラスでてくるみなさん個性的です。

沼田さんはゲイですが、男とか女とかの見方をしません。自分の価値観で判断します。

日野さんはいいお父さんの見本のような方。

五十嵐も面白い価値観をしています。

 

さて長々書きましたが、逃げ恥のテーマは「多様性」です。

これは原作者もドラマの脚本家のかたも述べています。

 

いろんな働き方、恋愛の仕方があります。

働く女性の増加や、様々な考え方、働き方の増えた現代社会、いろんな形があっていいのじゃないか?というわけです。

 

このドラマ、マンガは恋愛だから…と最初から否定せず、男性にぜひみて欲しい作品です。

 

 

逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX

逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX